読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽東京カレンダー

東京カレンダーに憧れる、田舎者。

29歳独身女。逆転満塁ホームランとその考察

成功の反対は、失敗では無い。 

 

挑戦をしないことだ。

 

挑戦し続ける。1つ、2つ失敗を積み重ねる。そんなの痛くも痒くも無い。


これが東京で、六本木で遊ぶ20代のオンナたちの強さである。

 

 

なぜならば、彼女達は挑戦し続けている。
故に失敗をする。

 

挑戦は、成功に近い言葉だ。失敗もまた然り。だから、彼女達は美しい。魅力的だ。

 

 

男女雇用機会均等法。女性の働く環境は、昔より遥かに、改善され、キャリアへの意識は高まる。

 

 

だけど、いつの時代でも若い女性は男を魅了し、その魅力で富を動かす。


それを彼女達は理解している。

 

そして、ある日突然。
結婚という保険を手に入れるものがでてくる。

 

彼女達は知っている若さの魅力を。

 

そして、儚く、短い、ソメイヨシノのような一瞬の輝きであることを。

 

 

 

29歳。
野球で言ったら9回2アウト、ランナー無し。3点差で負けている。こんな状況だ。

 

冒頭の言葉に戻ろう。
堅実な人生を送った女性を、失敗しない女と呼ぶのであれば、空振りを恐れてバットを振らなかったことを指すのだろう。


9回2アウトランナー無し。こんな状況に、きっとめっぽう弱い。

 

 

挑戦をし続けた人生を送った女性を、失敗続きの女と呼ぶのであれば、空振りを恐れず自らの若さに任せてバットを振り続けたことを指すのだろう。


9回2アウトランナー無し。

何か奇跡を起こせそうな気がする。

 

なにせ、普通のことをしても負けは見えている。

 

 

そこの貴方達。
朝二日酔いで、目覚めて、知らない男が横で寝ていても後悔することはない。だけど反省はした方がいい。

 

なぜなら、絶対絶命のピンチで逆転満塁ホームランを打てるのは貴方なのだから。

 

 

サキ。29歳。
父親は横浜の一等地に住む自営業。弟と母親、近くに住む祖母との五人家族。


中高一貫校の女子校育ち。中学の途中から歯車が壊れたかのように成績が落ちた。

 

タバコも吸ったし、昼間は勉強より男と遊ぶ方が楽しかった。

 

大学は、いわゆるMARCHに入った。


サークルにはいり、それなりに遊んだ。
理系の学部ということもあり、モサっとした男子に囲まれた。

 

レゲエシンガーのカズ、花屋を目指したユウジ、社会人のヨシト。どれも良い思い出だ。


社会人になってからも、ユウジとは東横線武蔵小杉駅近くのアパートで同棲をしていた。

 

 

それでも、彼女もまた六本木で夜な夜な挑戦を続けた美しき戦士なのだ。

 

 

高校の頃の女友達が色々なところに散ったのはラッキーだった。彼女達は、色々な学歴、職種に進んだのだ。

 

 

名門中高一貫女子校。
国公立、早慶、女子大、MARCH。文系理系。


何せ彼女達はまだ若い。


男達のパイプを得るには十分すぎるネットワークが構築されている。

 

そして、何よりもよく酒を飲む。酒に飲まれる。  


「若気の至り」

 

お高く止まるよりずっと成功に近づけてくれるマジカルワードだ。

 

続く