読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽東京カレンダー

東京カレンダーに憧れる、田舎者。

29歳独身女。逆転満塁ホームランとその考察

女にガールズトークがあるならば、男にもボーイズトークがある。


はっきり言ってしまえば、女のそれよりはずっと明快で、ある意味低俗だ。だけど、それが楽しい。


クズ男=尊敬に値する男。

 

これが2つのトークの中で最も異なる部分だ。

無論、その方程式が成り立つのはボーイズトークの中でのみだが。

 

広尾にある有名名門大学の一貫小学部。
芸能人、有名企業の幹部、医者の子供が集まる。

小学校から大学まで成長を共にする。

 

そして卒業後も社会の重要なピースとしてお互いの関係を大切にし続ける。

トマピケティの21世紀の資本の中にあるように、金持ちは一生金持ちなのだと、実体験できる。

そんな滑稽で、快活で、品のある馬鹿達だ。

 

彼らもまた大学卒業後、港区で酒に興じる。

 

最も下世話な話ボーイズトークは、最も高貴な教育体制の中育った彼らだから、なせる技なのかもしれない。


男には男の都合がある。

女が、男を品定めするように、

男も女を、女のそれと同様に残酷にそして卑猥に評価をしている。

 

品の良い、ボンボンの興味は昨日抱いた女か、次のアナウンサーとのバーベキューの予定だ。

 

そんな彼らも女性を図る物差しを変える話題がある。

 

そう、結婚相手だ。
結婚となれば、それは、顔や、スタイルではない。

 

彼らが最後に重視するのは「育ち」だ。


結婚は好きになった男女が趣味でするものではない。

 

どんなに愛が深かろうと、

結婚は家と家を結ぶ儀式であり、

人間が子孫繁栄をする為の1つの仕組み作りなのだ。

 

だから、ロミオとジュリエットは悲劇であって当然だ。一家にしてみれば良い迷惑なわけだ。

 

結婚は愛の結晶ではなく、両家の繁栄への覚悟なんだと思う。


だから、両親が納得してるというのは結構重要な要素になる。


両親に反対され、悲しくなったり、辛くなったりするが、それは一時的なもので、長い目でみれば英断なわけだ。

 

そんな彼らから面白い話を聞いた。
大逆転の駒田女だ。
野球好きにしかピンとこないが、現役時代の駒田のあだ名は「満塁男」。巨人横浜と渡り歩いたお祭り男だ。

 

麻布十番祭りで大逆転を成し遂げた女がいた。

 

いわゆるMARCH出身の派遣女子だ。
29歳で大手商社マン、東大卒をゲットした。


9回裏2アウトランナー無し。点差は3点。最後は逆転満塁サヨナラホームランだ。

 

勝ちに不思議の勝ちはあっても、負けに不思議の負けなし。
ID野球野村克也氏の言葉だ。

 

結婚には、必然はあっても偶然はない。
ただ、偶然を限りなく必然に近づける方法はある。

 

あとは、環境だ。
この環境がいわゆる「育ち」だ。

 

崖っぷち女の逆転満塁ホームラン。大逆転のその秘策を教えよう。